つわりから解放される

ごはんやカレー、魚など、臭いのキツイものが食卓に並んでいるだけで気分が悪くなったり、電車や車など、10分以上乗り物で移動することすら辛かった私が、妊娠中期になってやっと最近妊娠前のように通常の生活が送れるようになってきました。体調を心配したおばあちゃんから1週間前に電話がかかってきて「私もつわりが酷かったのよ。でも6カ月頃になると治まってくるからそれまでの辛抱よ。くれぐれも無理しないようにね」と声を掛けてもらった通り、6カ月目に入ってすぐに気分の良い日が多くなってきました。

そこで、電車で30分程度のところに住んでいる両親のところへ久しぶりに遊びにいくことにしました。これまでは何度も途中下車しては、ベンチに座って外の空気を吸って体を休めていたので、到着するまでに倍以上の時間がかかっていましたが、今回はスムーズに電車やバスを乗り継いで行くことができました。妊娠前は当たり前のようにできていたことですが、はじめてのおつかいに出かけた子どものように嬉しくなってしまいましたよ。

妊娠中期はどうしても気持ち悪くなるとお腹に力が入ってしまうため、赤ちゃんに良くない…と心配していた生活から解放されて、精神的にも楽になってきました。これまで辛いつわりに襲われていたのがウソのように、体がスッキリしています。「いつまで続くんだろう…」「もう耐えられない」と苦しんでいる妊婦さんも、ずっとつわりが続くわけではないので安心してくださいね。

もちろんつわりが終わる時期については個人差がありますが、ほとんどの人は、妊娠中期になると治まってくるといいます。「つわりがひどいと女の子」「軽いと男の子」なんて言うこともありますが、正直そんなことを考えている余裕なんてありませんよね。辛いときは無理をせずに、ゆっくり体を休めるようにしてくださいね。

妊娠中期の検診で「体重が増えてます。太りすぎですね」と注意されてから、自宅で手軽にできるストレッチを始めてみることにしました。本当はヨガ教室などに通いたかったのですが、そろそろ風邪が流行する季節になるので、できるだけ人混みを避けるためにエクササイズDVDで我慢することにしました。

まず実践してみたのが、足を少し開いて背筋をまっすぐ伸ばした状態で、つま先をピンと前に伸ばすだけの簡単ストレッチ。テレビを観ながら、読書をしながら手軽にできるので絶対おすすめですよ。また、肩こりがひどいときには、肩幅くらいに足を開いて立って、背筋を伸ばすように首を前後に曲げる運動をすると血流が良くなって体重がスーッと軽くなるのを実感できるはずです。

とっても簡単な動作ですが、安産にもよいと言われているので、気がついたときに試してみてくださいね。立っているのはちょっと辛い…というときは、足を伸ばした状態で座り、前屈するストレッチが最適です。体を柔らかくすることが目的ではないので、つま先に手がつかなくても大丈夫。お腹が大きくなってくるとちょっと辛くなってくるので、足を開いた状態で行ってくださいね。

1日たった10分程度の運動ですが、凝り固まっていた筋肉が解放されて、体の動きがスムーズになったような気がします。しかも体重が1キロ減っていました。運動する習慣がない方は、何かきっかけがないとストレッチは継続できないので、1枚専用のDVDを用意しておくとよいですよ。

興味のないことはほとんど3日坊主で終わってしまいがちな私でも、楽しみながら続けることができています。ただ、あまり頑張りすぎるとお腹が張ってしまうので、くれぐれも無理をしないようにしてくださいね。少しでもおかしいな…と思ったらお腹が楽な状態で横になり、体を休めることが大切ですよ。

ウインドウショッピングしてますか

妊娠中期だというのに、既に体重が10s以上も増えたことを先輩ママに相談したところ「私もそうだったよ! でも散歩したり、ウインドウショッピングするようにしたら落ち着いてきたよ」とよいアドバイスをもらったのです。

そこで早速近くのショッピングモールで時間を潰してみることにしました。妊娠前は仕事のストレス解消のために、新規オープンしたショップ巡りをしてはカフェでランチをすることが多かったのですが、妊娠してつわりが始まってからは電車に乗ることすら億劫になって家にこもっていることが増えていたのです。「このままでは中毒症のリスクが高まる…」と思い、毎日できるだけ外出するようにしました。

いくつか足を運んでみた感想は…長時間ゆっくり過ごすには大型店舗の方が面倒がなくてよいということです。幸いにも、私の住んでいる近所には、どちらのお店もあったので定期的に通うことができました。歩きすぎてお腹が張ったときなど、すぐに休める環境が整っていたのも魅力の1つ。手頃な値段で食事を楽しめるフードコートがあるのも便利ですよ。

また、赤ちゃん本舗が入っていることが多いので、これから出産を控えているプレママには絶対おすすめ!私もマタニティマークをかばんに付けていたせいか、「今何か月なんですか?」「何か探しものですか?」と店員さんに声をかけられることがありました。実際に肌着や洋服を見ているときは、初めて出会ったママさんと話しこんでしまうことも。出産前に購入しておいた方がよいアイテムなど、ちゃっかり聞いておきましたよ。

自宅でゴロゴロ過ごすのもいいですが、外出すればさまざまな刺激があって楽しいものです。病院で「体重が増えすぎですよ…」と言われた経験のある方は、ウインドウショッピングを試してみてはいかがですか。

コンテンツ